インターホンやアンテナの取り付けや修理は専門家にお任せ

それぞれの違い

現状復帰の定義とは

原状回復とは、住居や店舗などの物件をもとの状態に戻すことを言います。現状復帰という言葉を同じように使う場合もあるようですが、国土交通省によると「原状回復」というのが正しい使い方とされています。現状復帰は正しくありません。 原状回復(現状復帰)は、文字通りの意味ととらえると「元の状態に戻すこと」と考えがちですが、これは大きな誤解です。原状回復(現状復帰)とは、住居や使用によって生じた建物価値の減少のうち、賃貸者の故意・過失、善管注意義務違反、通常の使用を超える使用による損耗、毀損を復旧させることを言います。 ですから、経年劣化による壁や畳の日焼けは回復する義務はなく、一方でカレーをこぼして汚した、たばこを吸ってやにが染みたなどの場合は、賃料とは別に、費用を負担しなければいけません。

現状復帰と原状回復の違い

賃貸物件の退去時に問われるのが「現状復帰」であるのか、または現状復帰であるのか混乱する人が続出しています。 現状復帰というのは現在の状態に元に戻すという日本語になることから、その日本語は正しくないことが容易に理解できることです。 よって正しい言葉は現状復帰ではなくて原状復帰が正しいことがわかるのではないでしょうか。退去時にリフォームを行って原状にもとに戻すことを原状復帰といい、契約書においてこの同意がなされているものとみなされています。そうすることによって退去時において元あった状態に綺麗にすることが求められます。ただ、このケースにおいては経年劣化を考慮に入れないとなっているのであくまでも汚れの部分のことをいいます。